あいさつ・概要

最新情報

第25回 MAGDAコンファレンス in 桐生 (MAGDA 2016) は150名以上の方にご参加いただき終了いたしました。全ての参加者と多大なご支援に感謝いたします。
・参加者数
・論文発表数
・優秀講演論文賞および優秀ポスター講演論文賞受賞者
などについて報告いたします。 → 報告書(PDF)

MAGDAコンファレンス in Kiryu

主催: 日本AEM学会
日時: 2016年11月24日(木),25日(金) 9:20〜
会場: 桐生市市民文化会館(群馬県桐生市織姫町2-5)
会告: CFP 第二報

市民文化会館

実行委員長挨拶

第25回目を迎える日本AEM学会MAGDAコンファレンス(電磁現象及び電磁力に関するコンファレンス)は平成28年11月24日(木),25日(金)の2日間にわたり,群馬県桐生市の桐生市市民文化会館で開催されます。
MAGDA コンファレンス(Magnetodynamics Conference)はこれまで,第1回を東京で開催し,以降金沢,大阪,鳥取,バリ島,信州,福山,広島,ブリスベーン,盛岡,東京,大分,仙台,岐阜,桐生,京都,日立,東京,札幌,高雄,仙台,宮崎,高松,仙台で開催してきましたが,桐生では第15回以来10年ぶりに開催となります。今年度は,昨年度と異なりオーガナイズドセッションおよび基調講演は行いません。一昨年度と同様に,オーラルセッションとショットガン講演付きのポスターセッションを行います。また,例年と同様に,日本AEM学会会員で35歳以下の若手発表者を対象に,優秀講演論文賞・優秀ポスター講演論文賞を設けています(日本AEM学会会員の若手研究者・学生(35歳以下)が対象です)。なお,募集テーマとそのキーワードを新しいものに修正しましたので,ご注意ください。また,下記2件の特別講演を予定しております。 群馬県は「かかあ天下とからっ風」で有名ですが,かかあ天下は「うちのかかあは(働き者で)天下一」の意味です。開催日は11月末ですので,からっ風は吹かないと思います。食べ物では桐生2大B級グルメである驚くほど幅広いうどん「ひもかわ」とシンプルを極めた「ソースカツ丼」をご賞味ください。また,桐生駅から車で10分ほどかかりますが,きのこの好きな方はきのこを堪能できる「きのこ茶屋」をお勧めいたします。また,上質な水から造られた「群馬の地酒」が有名です。ワイングラスのような会場を眺めながら,ワイングラスあるいは「群馬の地酒」を片手に語り合いましょう。
平成28年第25回MAGDAコンファレンス in 桐生への皆様のご参加を心よりお待ちしております。

実行委員長:石川赴夫(群馬大学)

重要な期日

講演申込締切   : 2016年 8月26日(金) → 9月5日(月) 【延期】
講演論文投稿締切 : 2016年 9月23日(金) → 10月5日(水) 【延期】
ショットガン原稿 : 2016年11月21日(月)

特別講演

(一般無料公開)
1. ITER計画の現状と今後の予定,講師: 多田栄介氏(ITER機構 副機構長)
2. 群馬大学における重粒子線治療とその技術の概要紹介,講師:取越正己 氏(群馬大学重粒子線医学研究センター 教授)

懇親会

場所: 桐生地域地場産業振興センター(講演会場と隣接する建物です。)
日時: 2016年11月24日(木)18:15〜20:15(予定)

インターネット環境

会場にはインターネット環境(無線・有線)がありませんので,予めご了承下さい。